千葉(湾奥)民の釣り日記

千葉(湾奥)民の釣り日記

千葉・東京・神奈川を中心に,釣行しています

MENU

2020年の釣り振り返り!(9〜12月)+釣具代いくらかかったか

2020年の釣り振り返り後半戦です。前半戦→

2020年の釣り振り返り!(1〜8月) - 千葉(湾奥)民の釣り日記

 

目次です

 

 

さて後半戦です

 

9月

旧江戸川:0円

クロシビカマス伊豆大島:22000円

計22000円

 

9月なのに釣りに行った回数少ないですね。伊豆大島では初のクロシビカマス(ナワキリ、サビ)が釣れて。

f:id:turiheta:20201230093539p:plain

クロシビカマス in 大島



先輩後輩含め4人で行きましたが、宿もメンバーも最高で楽しかったですね。また企画したいです

 

10月

横浜横須賀タチウオ狙い:2000円

ボート青物:4500円

ウツボ伊豆大島:13000円

19500円

 

おかっぱり太刀魚はコロナの影響や福浦が壊れてしまった影響で堤防に人たくさん。なかなか釣り座を確保できず撃沈。ボートでは55cmのイナダゲット。

f:id:turiheta:20201230100322p:plain

イナダ

 

カメラ沈めたらイナダが写ったりして

 

youtu.be

 

大島は泳がせしに行くも朝の魚が釣れない!最終的にウツボ持って帰って食べました。骨切って唐揚げにしたら美味かった。冬のウツボと比べてみたいですね。10月からGoToトラベル始まったので安く行けました。

 

11月

浦安タチウオ狙い:0円

ボートビッグベイト:5500円

同上:5600円

泳がせ・カゴ釣り八丈島:18000円

計29100円

 

今年のボートシーバスはメガドッグを購入。その凄さを痛感。案外安いのですよね。そこも好きな理由です。

f:id:turiheta:20201230151416p:plain

87cmのランカー!

人生初のランカーシーバスも釣れました!次は陸っぱりで釣らないとですねぇ。

 

八丈島はキハダ狙いも、ムロアジ1匹も釣れず。同行者がおじさん泳がせで65cmカンパチ。クジラ見れたしよしとしよう。2月3月リベンジ行きたいですね。

 

f:id:turiheta:20201230152043p:plain

底土港を山から見た写真

f:id:turiheta:20201230152121p:plain

藍ヶ江

 

景色は相変わらず素晴らしいですな。

 

 

12月

青物狙いボート:5500円

外房ヒラマサ狙い:1200円

計6700円

 

渋かった。

 

 

合計金額は最後に発表します!

 

 

釣具にはいくら使った?

ここまで計算してきた金額は釣り具代を除いたものです。つまり釣りに行くのにかかったお金を計算していたわけです。では釣り具代はいくらかかったのでしょうか?パンドラの箱を開けましょう。

 

まずはじめに断っておきますが、キャスティング南行徳店ができて釣具屋に行く頻度が増えました。さらに今年は市川市とpaypayが協力したキャンペーンをしていました。内容は支払い金額(税込価格)の10%を還元すると言うもの。これにキャスティングのオープンセールが重なってだいぶ財布の紐が緩みました。ショウガナイヨネ

 

では計算していきます。

 

Amazon:65000円

ナチュラム:23000円

ヤフオク:45000円

Yahooショッピング:12000円

タックルベリー :10000円(推定)

上州屋:10000円(推定)

キャスティング(餌代含む)

1〜8月:40000円

南行徳店9〜12月:73000円

 

エサ代はダブルカウントになっているものもあるので1万円引きまして、

 

合計268,000円!!

 

…ルアーにロッドに買いすぎました!今年だけなので許してください!ポイント還元もたくさんあるし!

 

もうカゲロウ124Fくらいしか欲しいルアーありませんので、当分ルアー買うことはないでしょう。ないでしょう。あとオルガリップレスとか。

 

ロッドはサーフ用のロッドが欲しい。リールはたくさん欲しい。ネッサエクスチューンが欲しい。でもサーフ熱が上がるのか??と思って買わずにいる。

 

2020年買ってよかった釣具BEST3

1 折りたたみバケツ

 

島釣行永遠の悩み・荷物問題。とくにバッカンなどはかさばります。泳がせ釣りしようと思うと、魚を活かすバッカンとコマセ入れるバッカンが必要です。

 

その解決策として、いままで水汲みバケツにコマセを入れていたんですが、すぐにひしゃげてしまってやりずらい!素材が柔らかすぎるのですよね。この問題を解決したのがこれです。

 

 
場所は取らないし、水汲みバケツのようにひしゃげることもないです。10Lあるので2.5kgのアミコマセに集魚剤入れても全然使えます。自分は集魚剤どばどば入れたりしないので、日頃からバッカンのスペース余ってるな〜と感じていました。その意味でも最適解見つかった!という感じです。
 
 
2 アルテマ チタン玉枠
 
チタンのタモ枠の中では破格の安さ。安すぎて不安になるほどでしたが普通に使える。チタンは軽くて良いですね。マグロ・ヒラマサ狙い以外はこれを使うようになりました。
 
 
チタンでこの値段は本当にコスパ高いと思います。満足です。
 
3 室本鉄工 メリー M21-105 パームニードルプライヤ
 
魚の骨抜き用です。先が細くて、魚の身を必要以上に傷つけることがありません。力も入れやすく、扱いやすい。FUNAさんがオススメされるのもわかるとても良い商品でした^ ^
 

 

 

結果発表!!

では釣りにいくらかかったのか、結果発表です。

 

1〜8月分釣行費:163,700円

9〜12月分釣行費:77,300円

釣具:268,000円(ポイント還元もたくさんあるよ!)

 

合計509,000円

(やばい)

 

来年の目標は釣具へ使うお金を1/3程度に抑えることです。。。もう一生分ルアー買ったと思うので。。。