千葉県(湾奥)民の釣り日記

千葉,東京,神奈川を中心に,たまに釣行しています

スピニングのカゴ釣りタックル紹介

カゴ釣りのタックルについて書きます。

 

・ロッド:

昔ホリデー磯4-53(1万ちょっと)

→現在波濤4-53(3万ちょっと)


f:id:turiheta:20200330225830j:image

右端ホリデー磯。右から2番目波濤

 


ロッドは硬い方が自分は好きです。何故なら飛距離が出しやすいから。実際波濤に変えてから明らかに飛距離変わっていると思います。


ホリデー磯は振り切ったあとに竿先がペニャペニャしてストレスが溜まりましたが、波濤はそれがありません。素晴らしい。それでいてあたりを弾かない柔らかさも持ち合わせる素晴らしいロッド。スピニングで飛距離を出したいならオススメです。

 

 

・リール:

昔:ワールドスピン(5000円くらい)

→現在バイオマスター6000XG(2万くらい)

f:id:turiheta:20200330230514j:image


ワールドスピンの弱点

・重い籠を使うと、ハンドルがガタガタに。

・回収が遅く手返しが悪い。


この2点が弱点でした。これを解消すべく買ったのがバイオマスター6000XG。波濤にしたことによって飛距離が出るので、それを112cm/巻のXGでゴリゴリ回収します。今のところ大変満足です。流石バイオ。

 

・ライン:PE3号

ナイロンorPEになると思いますが、自分はPE。中華製じゃないやつで、一番安いのを使ってます


ナイロンだと糸癖ついたりして巻き替えをしなきゃなりませんが、PEはそういうことないので好きです。あとは飛距離も出ます。


3号にしているのは、例えばガイドにラインが絡んだとき1〜2号だと面倒だから。なんとなく3号くらいだとそこまで絡まない気がするので。もちろん絡むときは絡みますが。

 

 

 

・ウキ止め

PE対応の細いやつ

f:id:turiheta:20200330230032j:image


PE対応でないと滑ってしまい、止まりません。滑ることを利用すれば水深測れるかもしれません。


ただ細いものを使うとその分結び目が小さくなるのでしもり玉のサイズに注意が必要です。↓下参照

 


・しもり玉

f:id:turiheta:20200330230026j:image


小中大とありますが、PEラインであれば小でないとウキ止め貫通することがあるので注意です。キハダマグロ狙いで100lbのラインを使っていたときは大サイズが活躍しました

 


・ウキ

f:id:turiheta:20200330230020j:image


浮けば良いです。12号のカゴに12号のウキとかだと浮力ギリギリで見えないことがあるので注意です


カゴの号数+2〜3あれば浮くでしょう。

 


・カゴ/天秤

VIPがお気に入り。

f:id:turiheta:20200330230042j:image

両端はVIP

 

真ん中の渚の遠投師は発泡スチロールがなんか気になってしまいます。最近はドバッと出るよりもポロポロ出る方がマダイ釣れる気がしてきました。良いカゴを探し中。

 

天秤もVIPで揃えてます。特に不満はありません。

 

 

・ハリス

f:id:turiheta:20200330231323j:image

 

よく4号使ってます。あんまり細いと傷が入るとすぐハリス切らなきゃいけないのが面倒だからです。

 

真鯛釣りたくて2ヒロくらいとってました。5.3mで抜き上げできるギリギリの長さですね。(個人差があります)

 

 

・ハリ

f:id:turiheta:20200330231431j:image

 

真鯛10号が最近は好き。シマアジ釣れたので^ ^

 

 

 

・その他

f:id:turiheta:20200330230209j:image

 

夜釣りにはルミコ!光釣法の真偽はまだ分かりませんが、ハリスがどこにあるか見易くて良かったです。これからも夜釣りでは使います。メジナとかはつけない方が良いかもしれませんね

 

 

ここに書いたタックルはやや高めですが、もっと安いタックルでも楽しめます

 

3mくらいの竿でもできないことはありません。夏の青物とかならショアジギロッドでも十分できますね。飛距離出すのが難しいのと、ハリスを長く取れませんけどね。

 

離島でやるカゴ釣りは、色んな魚が掛かるから楽しいですよ!是非やってみてください!

 

ついにシマアジゲット! ln 伊豆大島(2020/03/23-25)

 

 

もうそろそろ頻繁には離島いけなくなるので、2泊3日単独釣行してきました

 


メインはカゴ釣り。真鯛シマアジなど美味い魚が釣りたい!

 


大島に行くのももう9回目ですねー。2年前の11月にドラさんと言ったのが初めてでした。天気が良くて何にも釣れませんでしたが(^^;

 

 

f:id:turiheta:20200326155907j:image

 

行きの船で去年の7月に大島で知り合ったルアーマンの方と再会し、ちょっとおしゃべり

 

f:id:turiheta:20200326155927j:image

 

到着してから3時間ほどはルアーマンの方と一緒にルアー投げるも、ベイトが全く居らず釣れる気がしない。用意しておいたアミコマセを撒いても寄ってくるのはウスバハギ…

 


ルアーマンの方がお仕事に行ってしまったので、自分も移動。

 


丸市釣り具さんが定休日だったので、初めて大島来た時にドラさんと行った山口釣り具さんでオキアミ購入

 

f:id:turiheta:20200326161631j:image

 

そのあと波浮行って昼食にコロッケとハムカツ。注文してから揚げるので熱々。しかも2つで150円くらいだったと思います。安い。

 

f:id:turiheta:20200326160016j:image


地層断面も。

 

元町も様子見ましたが、あまり釣れていなさそうだったので泉津へ

 

f:id:turiheta:20200326160209j:image


泉津で竿を出したのは初めてでした。カゴ釣り開始しますが、全く魚が釣れない!たまーにかかりましたが

 

f:id:turiheta:20200326160151j:image

 

これ。でも水深があり可能性を感じますね。


隣にいたエギンガーの方がキロアップアオリイカとアカイカを釣ってました。生でキロアップ見たのは初めてでした。デカかった。釣りたい。5月にいければやりたいところ。エギングタックル揃えて。

 

その後風が強まり、他の釣り人も帰ってしまい1人に。夜の堤防先端で1人で強風は恐怖しかありません。しかも大潮で満潮が付近だった波被りかねません。

 

21時すぎには岡田港に。こちらは釣りできそう。

 

 

今回夜釣りは光釣法を試すことに。

 

f:id:turiheta:20200326164815p:image

 

ルミコをハリスにつけます

 

http://www.q.turi.ne.jp/madai/page_3.html

 

こちらのページを参考に、仕掛け作りました。集魚効果は魚ではないので分かりませんが、人間側のメリットとして、ハリスがどこにあるかわかりやすくて夜釣りもしやすいです

 

メジナとかには逆効果なのかもしれませんが、釣果に影響ないなら付けておくと便利です

 

 

棚はベタ底くらいを意識

 

 

波濤では釣れてるかよく分からないサイズのイサキがポツポツ釣れる中、久々に波濤4-53を曲げる引きが!

 

しかし寄せてきたところで針外れ。くそ〜思ってもう一投。

 

すぐにヒット!引きもさっきと全く同じ!

 

何かわからないけど、抜けそうだったので抜きあげ

 

f:id:turiheta:20200326160638j:image

 

シマアジ!!!やったー!!!

 

人生初シマアジ。しかも40cmくらいのまあまあ良いサイズ

 

f:id:turiheta:20200326165028p:image

 

自分のカゴ釣りの人生初釣果は式根で釣ったこのゴマテングハギモドキ。そこからついにシマアジまで釣れるように。嬉しい😃

 

 

2投連続でヒットしたのでまだいるだろと投げるとヒット

 

引きは強いものの浮いてくるのが早い。40cmくらいのサバでした。ちーん。

 

でもそのあと2匹追加して、

 

f:id:turiheta:20200326160805j:image

 

3匹ゲット!1番大きいので41.5cmありました!

 

30分で時合いは終わり激渋に。その後は全く釣れずに終わりました。

 

 

2日目も夜にかけるため朝はだらだら。

 

f:id:turiheta:20200326162417j:image

 

ちょっとだけ元町でカゴ釣りしましたが当たらないのでやめました。温泉に行きます。

 

f:id:turiheta:20200326162500j:image

 

三原山を登って行ったところにある温泉。ネット割引で500円で入れます。夜だと星も綺麗らしい。いまは新型コロナウイルスの影響でここくらいしか開いていません。

 

 

岡田に行くと大学2年生のソロ釣り師がいたので談笑。そして日の入りまで睡眠

 

f:id:turiheta:20200326162852j:image

 

やるぞー!と気合を入れますが寒い🥶

 

日が落ちると本当に寒かったです。餌つけるたびに海水で手を洗ってたら手が限界でした。カイロ持ってくればよかった

 

完全に日が落ちてから、イサキポツポツ状態に。少し離れたところではサバ(棚の違い?)

 

 

そうこうしていると、少し離れたところでシマアジという声が。

 

きたきたきた。と思って数投後

 

f:id:turiheta:20200326163217j:image

 

やったー2本追加!

 

ちょっとしてまた来たー!でも引きがちょっと弱いような…

 

f:id:turiheta:20200326163255j:image

 

お前かい!タモ入れ苦戦して時間取られました💢

 

そしてまた釣れないモードに。自分は真鯛を信じて投げ続ける。。。

 

シマアジの時合いから3時間後ほどたったとき念願ヒット!

 

f:id:turiheta:20200326163443j:image

 

またもシマアジ。このおかげでやる気が戻り、1時間投げ続けましたが、釣れず。

 

9時間で集中力完全に切れて終了しました。

 

最終日は昨日あった大学生釣り師がサンノジたくさんかけていて楽しそうなのを横で見てました。釣り上手。

 

f:id:turiheta:20200326163905j:image

 

おみあげも。

 

 

f:id:turiheta:20200326164131j:image

 

良い釣行でした!

 

 

 

経費:

4000+3000+7000+2000=16000。安い。

ルアーロストなし

 

八丈島でキハダマグロが・・・ Part 2 (2020/03/09 ~ 13)

八丈島釣行の後編です。泳がせ用タックル紹介しておきます。

 

僕のタックルは

 

f:id:turiheta:20200315194435j:image

竿:波濤6号540(¥2,200)

リール:ダイワ16BG(¥13,000)

ライン:PE5号300m

ハリス:ナイロン24号

 

でやってました。竿はタックルベリーで見つけたグラスロッドで800gくらいあります。リールは新品です。

 

友人Tのタックルは

 

f:id:turiheta:20200315194532j:image

竿:ウィスカーヒラマサ6-48(¥1,980)

リール:PENNの両軸(¥5,000)

ライン:PE6号300m

ハリス:24号

 

こんな感じだったそうです。竿もリールもタックルベリー産。

 

 

〜3日目〜

 

朝4時起床

 

次の日に帰る予定だったので、なんとしても釣りたいと3人ともやる気満々

 

ムロアジを確保し、朝から泳がせますが反応なし。埼玉から来られていた方は朝一度だけ切られたみたいでした。(それ以外にはしおくんが70近いヒラメを泳がせで釣りました。すげー)

 

ムロアジ確保は1カ所で回遊待つのも良いですが、回遊しているポイントを足で探した方が早そうです。見つければ入れ食いです。表層に来ることも多いのでウキをつけておいた方が良いと思います

 

 

一番期待していた午後の泳がせ。昨日釣れたのも夕方で、上潮のときでした

 

 

そして狙い通りこの時間からキハダ襲来!

 

まずしおくんのウキ付近で強烈な食い上げ。しかしこれは乗りませんでした。

 

それから少しして、ついに…

 

f:id:turiheta:20200316144142p:image

 

私のウキにヒット!と同時に沖に向かって走るキハダ

 

経験したことのない強烈な引きでした。波濤がミシミシいってました

 

沖に走ると堤防の上側へ乗らなくてはなりません。ドラグフリーにして竿を上に渡し、ハシゴを登ってまたファイト

 

ここからは2人で交代してファイトしてました。でもリールが巻けない巻けない。水面近くに浮いてきて、そこまで走っていないのに竿を持って耐えるだけで精一杯。リールも全く巻けません。

 

周りから助けてもらいつつ、ちょっとずつ巻いていき、なんとか水面近くに!

 

ここから取り込みですが、1番気をつけなければなりません。また走り出したら自分もそっちの方へ移動して、竿をのされないようにしなくてはいけません。

 

しかしなかなか巻けずに長時間のファイトで腕が限界でした。再びキハダが走ったときに竿がのされて、堤防際にPEが擦れラインブレイク。。。

 

 

悔しいのと終わってよかったのと色々な感情が混ざりながらお茶をガブ飲みしました。

 

竿が柔らかったのとか、BGがハイギアだったりとかがやりとりを大変にしていたかもしれません。一番は運動不足ですが。

 

これで自分はもう気持ちが切れて後の時間は他の人が釣りしているのを見ていました。

 

 

それから2時間ほど経ったとき・・・Tのラインが出ていく!

 

Tは「これムロアジかなぁ」と呑気なことを行ってましたが,明らかにムロアジのスピードではありません。急いで合わせて

 

f:id:turiheta:20200316144324p:image

 

両軸だと手に糸が当たるので危険ですね。グローブつけた方が良さそうです(彼はつけてませんが)

 

沖に走られて堤防の上でファイトしていましたが、結構早く手前に寄せられてました。

 

f:id:turiheta:20200316145023p:image

堤防の上から見ているので小さく見える

 

しかしここからが長かった。もっと硬い竿なら浮かせられるのですが、磯竿6号だとなかなか魚が浮きません。

 

走られて浮かせてを何度か繰り返し、ついにたも入れ!

 

f:id:turiheta:20200316145051p:image

 

入った!

 

と思ったのも束の間、バシャンという音を立てマグロ落下。何とマグロの体でタモが破けてタモ貫通!

 

f:id:turiheta:20200316145213p:image

 

↑これ伝わりますかね。ウキ→タモ→キハダの状態です。これで沖に走られたら、タモごと行かすしかありません。

 

地元の方が全力で沖に行かないよう竿を操作し、しおくんがタモの出し入れをして、最後はしおくんの持ってきたギャフで

 

f:id:turiheta:20200316145918p:image

 

上がった!!!

 

f:id:turiheta:20200316150147j:image

 

でけぇ。。。本当に釣れるとは。。。

 

f:id:turiheta:20200316150224j:image

 

あとで測ってもらったら25.2kg!!!

 

f:id:turiheta:20200316150400j:image

 

解体もしおくんがやってくれました。我々のメシア。

 

彼が釣ったヒラメと一緒にお刺身で

 

f:id:turiheta:20200316150446j:image

 

キハダマグロうめぇーー。釣って5時間くらいしか経ってないマグロなんてそうそう食べられないですからね。大トロ・中トロ部分なので脂めっちゃ乗ってます。しおくんが持ってきてくれた九州醤油も最高でした。

 

しおくんはもちろん,堤防に居合わせた方全員に感謝ですね。自分で「持っている男」と常日頃から言っているTは流石

 

一本釣りという焼酎2時間くらい呑んでから寝ました。0時回った頃。

 

 

 

〜最終日〜

 

当然最終日も4:30起床。9:40の船なので朝マズメできますからね

 

f:id:turiheta:20200316150914j:image

 

藍ヶ江でルアー投げましたが釣れず。最終日はべた凪だったので,八重根の低堤に人がたくさんいました。カゴも投げたかったなぁ。

 

その後出帆港の底土港でちょっと釣りして、釣り終了!

 

f:id:turiheta:20200316151032j:image

 

 

 去年からキハダ釣れ出したみたいですが,あと何年か狙えるんですかねぇ。リベンジしたいような,もう満足したような笑

狙うとしたらとりあえず筋トレから始めなくてはなりません。

 

 しかしこんなに釣れている時に来島できたのは運良すぎましたね。大島の泳がせシーズンが待ち遠しいです。今年こそでかいタマンを釣りたい。シマアジ釣れているみたいな情報もあったのでカゴ釣りしにいくのも良いかなぁ。真鯛も釣りたい。でかいアオリイカも釣りたい。

 

伊豆諸島年中楽しめて素晴らしい!!!今年もたくさん行きたいです

 

 

経費

宿・船・車・ガソリン3人で割って31000くらい

 

八丈島でキハダマグロが・・・ Part 1 (2020/03/09 ~ 13)

八丈島に3泊4日3人で釣りをしに行ってきました!

 

この釣行は以前から計画していたものでしたが、ちょうど1週間程前からキハダマグロがバンバン上がりはじめしました。期せずして、最高な状況の中八丈島に乗り込むことに。しかも大潮!

 

 

〜出発当日〜

 

同じく八丈に向かう全身ダイワの男しおくんと知り合う。

 

この出会いは非常に幸運でした。自分たち3人はマグロどころか、MAX3kg程度の魚しか釣ったことない素人釣り師。彼はマグロ船に乗ったりしていて、マグロの引きを知っている人。この後もほとんどの時間一緒に釣りをして、助けてもらうことになりました

 

ノットを教わったりして,1時過ぎには眠りにつき

 

f:id:turiheta:20200314202414j:image

 

到着。半年ぶり!

 

 

 〜1日目〜

 

1日目は午後から雨風が強くなる予報だったので、4時間程度の短時間勝負

 

釣具屋さんでオキアミを受け取り、釣り場に。

 

f:id:turiheta:20200314204515j:image

前日の大雨で土砂崩れしているところも

 

泳がせるためのムロアジを狙いますが、釣れず。しょうがないのでルアーで狙いますが何も釣れず。

 

特に何も起きず1日目は終了。八丈ストアで美味しいお弁当を買って宿へ。

 

f:id:turiheta:20200314202501j:image

夕飯はカレー

 

 

しかしその夜、エース釣具店のブログが更新される。底土・ぐんかんの2カ所でキハダが釣れた…!

 

実は出発前日が大雨でマグロが釣れなくなるのではないかという危惧をしていたのですが、これをみて杞憂に終わったことに気づきます。

 

 

 

〜2日目〜

 

朝4時起床

 

西風が10m超える状況でしたが、宿の方に底土なら出来ると教えてもらい、底土へ

 

f:id:turiheta:20200311065840j:plain

景色最高

 

 

オキアミだとなかなかムロアジが釣れない…なのでアミコマセと上カゴで狙います

 

アミコマセにしたことと、釣り方が分かってきたことでムロアジも確保できるように。ムロアジが釣れているところに釣りに行き、キャリーカートを使って生かしクーラーを運ぶというシステムが開発されました。

 

ムロアジはエアーポンプつけてたまに水を変えれば、結構生きていました。

 

使ったエアーポンプとクーラーボックスはこれです

 

 

 

このエアーポンプは強にすると送風量1.3L/分で25時間くらい持ち,でかいムロアジでも弱りません。そしてこの大きさのクーラーボックスだと長く活かすのは4,5匹くらいがちょうど良さそうです。自分たちは3本くらい泳がせの竿を出してたので7,8匹確保して釣り場に運んでました。地元の人たちは生簀使っている人もいました。

 

 

念願のムロアジをゲットし、意気揚々と泳がせを始めましたが、大きなミスが。

 

ウキをつけていなかったのです。マグロの棚を考えると表層を泳がせれば十分です。底へ泳いだりすると、意味がありません。さらに浮きをつけないと仕掛けがどこにあるかわかりません。他の人とからむ原因にも。

 

 

結局この日はムロアジストックがなくなり、撤収することに。

 

…片付けをしていると、近くでやっていた高校生泳がせ師にマグロがヒット…!

 

f:id:turiheta:20200314211713j:image

 

壮絶なファイトの末、上がってきたのは27kgのキハダマグロ。葛西の水族館以外で切り身じゃないマグロ初めてみました。

 

聞けば,ラインはPE12号だそう。今まで3号までしか扱ったことのない自分には考えられない太さ。

 

生でマグロとのファイトをみて、一旦体制を立て直すことに。エース釣り具へ。

 

そこでハリスや針の大きさなどアドバイスをもらいました。ウキも購入。

 

f:id:turiheta:20200314203622j:image

 

ムロアジデカかったので15号にしました。

 

 

宿に向かう途中で藍ヶ江に

検索結果

ウェブ検索結果

 

f:id:turiheta:20200311165608j:plain

 

f:id:turiheta:20200311165602j:plain

 

こちらもめちゃくちゃ釣れそうな場所でした

 

 

夜は焼酎を飲みながら作戦会議。しおくんから教えてもらったパロマーノットで仕掛けを作っていつでも泳がせできるように

 

 

 

自分たちに残された時間はわずか・・・丸一日釣りできるのは明日が最後。最終日は9:40には船が出てしまうのです。なんとしても釣ろうと3人で話して眠りにつきました。

 

 

つづく

 

 

BG5000H(2016年モデル)買いました

八丈島に向けてリール買いました

 

①予算3万以下で、

②PE5号300m巻ける


この2つの基準で探しました

 

f:id:turiheta:20200307230348j:image

 

で、ダイワの16BG5000Hを購入。

 

 

スピニングリールはシマノしか持っていないので、今回もシマノにしようとしたのですが、シマノで上の2つを満たすのはバイオマスター10000番になります。(スフェロスSWなどもありますが750gと重すぎるなぁと思い除外。)

 


が、バイオマスター10000番は13年モデル。「7年前…古いなぁ」というのが正直なところ

 

 

なのでダイワで探しまして、


①16ブラスト5000H(¥23,000くらい)

②16BG5000H(¥13,000くらい)


の2つが候補に。上2つの違いは色々ありますが、釣りをする上で気になる違いは最大ドラグの違いでしょうか。①は15kg、②は10kg

 


悩んだのですが、「船からBGで30kgくらいのキハダあげられてましたよ!」と教えてもらったのでBGの方にしました。


最大ドラグが原因でバラすようなことがあれば買い替えることにしました。まず掛けないことにはバラせもしませんが。


次買い換えるときにはちょうど良いシマノのリールが出ていることでしょう。それまでのつなぎという意味もあって安い方に決めました。

 

 

八丈の天気が非常に心配です

3月は伊豆大島(2020/03/03)

1月大島,2月式根島,そして3月はまた大島に行ってきました

 

今回は急な誘いだったにもかかわらず、友人Yくんが「行く!」と言ったので2人での釣行です。ちなみに日帰りです。

 


我々の狙いは脂ののったサバ!Twitterで脂ノリノリのサバの写真をあげている人がおり、釣らねば。と

 

 

いつものようにさるびあ丸。もう慣れたもので4時間半しっかり睡眠

 

 

 

が、ここで事件発生。下船時に渡さなければいけない切符が見当たらない。。。目ぼしい場所を探してもない。。。

 
どうにかことなきを得ましたが、こんなこと初めてでした。どこいったのやら。

 

 

 

6時岡田港到着!すると先端のカゴ釣りの人がサバを釣ってる!

 


自分もジグを投げて狙います!

 

f:id:turiheta:20200303215906j:image

 

サバはサバでもサバフグ…こいつはドクサバフグというらしい。トゲがないシロサバフグは食べられるけど、これは毒魚

 

なんだよーと思っていると友人Yがサバゲット!

 

そのあと自分にもヒット!

 

f:id:turiheta:20200303215919j:image


この調子で〜と気合入れるもあとが続かず。

 

 

イサキが何匹か上がっているのを見て、餌釣り開始。ただしターゲットは、ウスバハギ


大島のウスバかなりデカいのです。いつもメジナ狙いの時はチヌ針4,5号の大きいはりを使っているので掛からないのですが、そろそろ決着をつけておこうと。

 


引っ掛けたり、掬ったりはしません。真剣勝負!

 

f:id:turiheta:20200303215956j:image


…出鼻を挫かれる。リーガル折れた。まあかなり雑な扱いをしていたので今日まで折れなかったのが不思議なくらいです。

 


ということでサブで持ってきていた仕舞46cm小継磯2-360初陣!

 

f:id:turiheta:20200303220014j:image

 


1戦目

竿を信じきれずに突っ込みに負けてバラし


2戦目

竿を立て気味にやり取りするも、針はずれ


3戦目

タモ入れ直前まで行くも、うまく入らずバラし

 


ここからなかなか掛からない時間が続き、初めて3時間ほど経ったとき!

 


4戦目

竿を信じて突っ込みに耐えきりGet!!

 

f:id:turiheta:20200303220125j:image

 

小継磯やりますね!竿先めちゃくちゃ細くて不安になりますが,かなり曲がっても大丈夫でした。ただ本当に細いので,無理な方向に力がかかったら簡単に折れそうです。

 

 

youtu.be

 

動画も撮りました。たくさん映っている小さいのはイワシの稚魚でしょうか。たくさんいました。

 

 

 

その後たまに謎のボイルがあり,2人でルアー投げましたが,釣れず。正体がとても気になります。サバより大きい魚のような気がしましたが。

 

 

あとはタカベ狙ったんですが、擦りもしませんでした。今までは針先にオキアミのカケラをつける作戦で釣れていたのですが。。。島のおじさまたちも苦戦していましたが、1人だけ爆釣してました。釣り方は同じようなのに、不思議です

 

イサキが釣れていたり、サビキにチビシマアジが掛かったりしていて、楽しかったですね。私は釣れてませんが。さすが離島!

 

 

f:id:turiheta:20200303221523j:image

ウスバハギ討伐後のソフトクリーム

 

f:id:turiheta:20200303221540j:image

魚釣れたので島醤油。青唐辛子入ってます

 

f:id:turiheta:20200303221601j:image

さるびあ丸のエビフライカレー。エビがデカい

 

 

来週は八丈島

 

経費:7000円

ルアーロスト:竿折れた

内房メバリング(プラグで釣れた!)(2020/03/01)

友人ドラさんと内房メバリング

 

着いてまずリールの糸が絡んでいて、電車結び

 

トラウトのあと適当に扱っていたのが原因でしょう。ちゃんとライン止めしとけばよかった

 

そんなこんなで出遅れましたが、気を取り直してプラグを数投

 

プラグはこれです

 

 

前回シンキングにしたら根がかりしてロストしたのでスローシンキングにしました。ゆっくり待てばどの棚も引けますしね。夜釣りで,光の当たっているところでやることが多いので,グローかつクリアーカラーを満たすものにしました。

 

これをトラウト譲りのリトリーブでゆっくり巻いてきます。

 

 

4投目回収時、明暗の境目で黒い魚影!シーバスか!?

 

かなり大きい魚影だったのでそれを狙うために明暗の境目を通します。すると

 

ゴンっ!

 

結構引く!セイゴだろーと思いながら抜き上げ!

 

 

 

f:id:turiheta:20200302115043j:image

 

メバルだった笑 しかも大きい!24cm

 

実はプラグ人生初メバルでした。完全にビギナーズラック。

 

 

そのあとすぐにプラグの2倍くらいの大きさしかないチビメバルが釣れる。

 

開始30分でこの釣果。今日は期待できる!と思いましたが。

 

そのあと5時間やって、ワームでチビメバル1匹でした。見えているんですけどねー

 

シーバスもまあまあでかいのが3匹くらいウロウロしてました

 

 

 

ドラさんご馳走様でした(金曜日)運転ありがとうございます(月曜日)

 

 

経費:氷108円

ルアーロスト:どこかでジグヘッド1つ落とした